2008年07月24日

歯みがきの仕方

おはようございます。

今日の練馬はどんより曇っています。
一雨くるかもしれません。

さて、
歯の健康についての、アメリカからのニュースです。

歯の健康を最良の状態に保つ 健康・美容海外ニュース


この記事には、歯のみがき方が詳しく説明されています。


  1. 強くこすり過ぎるのは良くない。
    感受性の高い歯肉を傷つけやすいので、注意してみがく。


  2. 歯肉線から歯の上端まで、1本1本、短くやさしいストロークでみがく。


  3. 特に咀嚼(そしゃく)する歯の全長を確実に、丁寧にみがく。
    食べ物が蓄積しやすい歯と歯の間は、ブラシの毛を滑り込ませて必ずみがく。


  4. 歯の内側を丁寧にみがく。
    みがくのが困難な前歯の裏側は、歯ブラシを可能な限り垂直に立て、上下させてみがく。


  5. 細菌を除去するために、舌と口蓋(こうがい)も必ずブラッシングする。
    これらの箇所では、ブラシを前方へ滑らせて使用する。


5はゴシゴシするのではなく軽くした方がいいかなと思います。

歯のみがき方について、ご参考にしていただければ幸いです。






タグ:歯みがき
posted by hyg-27 at 10:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記帳  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。