2008年11月05日

喫煙は老化を早めるとともに生活の質も低下させる フィンランドより

喫煙の害についての研究が、フィンランドよりありました。

喫煙は老化を早めるとともに生活の質も低下させる 健康・美容海外ニュース

ヘルシンキ大学による26年間の追跡調査の結果、喫煙をする男性は全くしない男性に比べ、早死にの傾向があり、生活の質(QOL)も低下する事が分かったそうです。

この記事の中で何回も出てくるQOLとは、クオリティ・オブ・ライフの略。

あまり耳慣れない言葉です。

ウィキペディアによると、【一般に生活の質、すなわちある人が、どれだけ人間らしい望み通りの生活を送ることが出来ているかを計るための尺度として、働く概念】だという事です。

日本では医療の現場で使われていることが多いようです。


喫煙者の方が寿命が短い、という研究結果は、これはもしかすると初めてかもしれませんね。

喫煙が歯周病のリスクを高くする、という事は前から言われています。

『一番良いのは最初っから吸わないこと』と、ヘルシンキ大学の先生も指摘しています。



当社が入っているビル、1階通路の片隅に喫煙コーナーが設けてあり、そこでたばこを吸っている人をよく見かけます。

管理人さんに聞くと、室内を禁煙にした会社が増えたとの事。

だんだんと禁煙の流れになってきてるんでしょうか。

でも、好きな人は「死んでもやめるもんか!」ぐらいの気概で、たぶん吸ってるんだろうと思います。

前に「たばこが1箱1000円になったら止める」って調査結果が出たと新聞記事にありました。


各方面から猛反対に合うだろうけど、
もしたばこが1箱1000円になったら、いろいろな面で世の中大きく変わるでしょうね。






タグ:QOL たばこ 老化
posted by hyg-27 at 10:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 美容・健康に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。