2008年12月05日

勧誘電話の断り方

当社にはお客様からのご注文、お問い合わせ、お取引先様からの連絡など、いろいろな電話がかかってきます。

その中で、時々かかってくる勧誘電話。
コピー機、固定電話サービス、SEO対策・・・。

苦手です。

ほとんどお断りしているのですが、断り方が下手なもので、なかなか電話が切れず、四苦八苦です。



昨日も、ちょうど商品出荷作業中に勧誘電話。

SEO対策、やりませんか。必ず上位表示させます。
「どういう風にやるんですか?」
サイトの内部対策、外部対策を行います。外部対策としては質の高いリンクを保証します。
「うちはGoogle Analyticsなどを使ってアクセス状況を調べてるし、SEO対策のブログも読んで勉強しています。」
そうですか。当社におまかせして頂ければ、任意のキーワードで必ず1ページに表示させますよ。
「いや、いいです。今のところ、自社でやりますので」
そうですか。分かりました。最後にアドバイスを一つ。サイトに相互リンク集などのリンクは貼らない方がいいですよ。では失礼します。

相手は落ち着いた雰囲気で、物腰も柔らかかったのですが、こっちは忙しい最中にかかってきてイライラモード。

トゲのある言い方になってしまい、電話を切った後、またいつものごとく落ち込みました。
「まぁ、相手も商売。生活がかかってるし、必死で電話かけてきたんだろうなぁ」などと、いろいろ考えてしまいます。


「メールでもFaxでもいいから資料を送ってほしい。検討させて頂きます。」
あるいは「必要ございません」
そういう風に言えば良かった、また言い方を間違えたなぁとガックシ。

勧誘電話の内容云々の問題ではなく、電話応対がまだまだ未熟。

場数を踏んで、もっと揉まれなければだめかな、と思った次第です。
posted by hyg-27 at 11:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新製品開発協会の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/110714834
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。