2009年01月19日

500万年後、男性が消える! NHK特集より

昨日のNHK特集、ご覧になられたでしょうか。

「女と男」の最終回。

男性が絶滅するっていうお話でした。



人間の性を決める染色体、女性はXX染色体、男性はXY染色体で、生まれてくる時の性が決まるそうですが、このY染色体が退化していることが、明らかになったとの事。


X染色体に比べて、年々小さくなっているんだそうです。


昨日のテレビでは、
様々なシュミレーションの結果、あと500万年もすると、Y染色体は無くなってしまうという。。。


500万年て、えらい先の話ですよね。

そもそも地球文明があと500万年も続くのか、という疑問が個人的にありますが。

500万年先も一応人類は生存しているとすると、その頃の社会は女性だけになる?

ある日を境にして、ぱっと0になる、ということではなく、

長い年月をかけて、次第に男性の出生率が低下していくということなんでしょうか。



卵で生まれてくる生物には、雌だけで子供を作る例が報告されているそうですが、
人間のように胎盤を使う哺乳類では、雌だけでは子供は作れないらしいです。


男が完全にいなくなったら、女だけになったら、


子供が作れなくなり、人類は滅亡?



500万年後の文明は、聖母マリア様ではないけど【処女懐胎】の技術ができているかもしれませんね。



500万年後も人類が生き延びていたらの話ではありますが、女性だけの社会というのは、どんな社会なんでしょう。男がいない分、平和な社会になっているんでしょうか。




番組の後半では、今、現実に起きている危機として、『男性の精子の劣化』も取り上げられていました。


世界的な現象として、精子の動きが弱く、ほとんど動かない精子が増えていたり、精子の濃度も薄くなっているんだそうです。


原因は地球温暖化、電磁波、食物に含まれる添加物など、いろいろなことが言われていますが、はっきりしたことは分からないそうです。


今、生殖技術がどんどん進んでいます。
不妊治療のための顕微受精は、動きの弱い精子でも1匹でもいれば、人間の手によって卵子に受精させることができます。


番組で登場した研究者の一人は、「こうした生殖技術の進歩は、精子の劣化をますます強めるだろう」と警告しています。

他方、別の研究者は、「Y染色体の退化という現実には、生殖技術でもって対応していくしかない」と話していました。


男はほんとにどうなるんですかねぇ。



NHKスペシャル|シリーズ 女と男 最新科学が読み解く性














タグ:XY染色体
posted by hyg-27 at 18:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記帳  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。