2009年04月14日

「アポロ計画は嘘だった」説の証拠?

昨日、youtubeをいろいろ見てたら、こんなの見つけました。
見た方、いらっしゃいます?





地面から何かを拾い上げるような動作をする人物。

何これ。



1月に「ムーン」という、アポロの宇宙飛行士のドキュメンタリー映画を観ました。

ハイジで歯維持: ザ・ムーン

彼ら飛行士達は、「アポロは本当だ。我々は本当に宇宙に行ったんだ。」「もしアポロ計画が壮大なフェイクだとしたら、何千人というNASAの関係者が40年以上、一人残らず嘘をつき通しているというのか。そんな事はありえない」と、「アポロは月へ行っていない」説を否定していました。

もしこのビデオが本物なら、

このビデオは「アポロは地球のどこかで撮影していたんだ」というフェイク説の、有力な証拠になるんでしょうか。


だけど、そうするとNASAは何故これを「TOP SECRET」として保管していたんでしょう。

もし仮に、アポロ計画は嘘だったという事を、NASAがずっと隠しておきたかったのなら、そもそもこんなビデオ、保管もせずに完全に抹消しようとするんではないでしょうか。

こんな風にyoutubeにアップされて、何万人という人がこのビデオを見てしまうのですから。

それとも、

「まぁ厳重に管理していれば、外部に漏洩する事なんてないさ! 大丈夫大丈夫、一応とっておこうよ」

とでも思っていたんでしょうか。


【追記】23:12
ところどころ分かる英語を読むと、この投稿者の祖父が、個人的にこの秘密のビデオを保管していたようですね。30年以上前のNASAの情報管理、ずさんだったのかもしれません。



アポロの飛行士達は、自分達のちょっと離れたところにいる人物に、全く気づいていないか、或るはそこにいるのはさも当然、いても別におかしくない、という風です。

考えれれるのは、

1.アポロは月へ行っていない。実際は地球で撮影していた。このシーンのロケ撮影の時は、たまたま撮影関係者の一人が、画面の端に映りこんでしまった。

2.アポロは月へ行っていた。「地球人類以外の何者か」が、実際に飛行士達のすぐ近くにいた。何らかの方法で飛行士達には、この何者かは見えなかったが、カメラにはしっかり捉えられていた。

3.このフィルム自体、嘘。

3、と言いたいところだけど、2でもあってほしいような。

考え、飛躍しすぎですかね。



実際に公開されているビデオには、この拾い上げる動作をする人物はカットされていますが、
この動画の投稿者も指摘しているように、ビデオの後半、正式バージョンにもよーく見ると、黒い影らしきものが映っています。


正式バージョンでもカットし切れていないというのは、もし撮影関係者がたまたま映りこんでしまったとするなら、このシーンの全体がNGになりませんか。もしフェイクだったら撮りなおしして、嘘がバレないようにするんじゃないでしょうか。

それと、今気がついたんですが、この拾い上げる人物が映りこむシーンの直前、画面が急に乱れます。
何故急に乱れたんだろう。
撮影機材に影響を及ぼすような電磁的な何かが働き、その直後にこの人物が出てきます。


この電磁的な何かの力が、アポロ飛行士達には見えなかった理由なんでしょうか。



真相は、結局分からずじまいなんでしょうね。




ページの先頭へ


タグ:
posted by hyg-27 at 18:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記帳  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。