2009年07月20日

ハリーポッターと謎のプリンス

先週の金曜日、ハリーポッターと謎のプリンスを見ました。

シリーズ6作目。

今作では、ホグワーツ魔法高等学校のダンブルドア校長が最初から最後まで登場し、物語のキーパーソンになっています。

最後、ダンブルドアは大変な目にあうのですが、その前にスナイプと交わした会話が重要なのかなと感じました。

次回作で、「ナルニア国物語第一章」と同じような展開になるのではと思います。
タイトルが「死の秘宝」というのも、今作を見た者にとっては何か意味深のような。
全然違うのかもしれませんが。

よく、「原作を読んでから映画を見る」か、「映画を見てから原作を読む」かって言いますよね。

良い、悪いということではないのですが、「ハリーポッター」は原作を読んでから映画を見た方が、映画の内容がより分かるかもしれません。

エンドロールで、次回作「ハリーポッターと死の秘宝」が、2010年の11月と2011年の夏に二部作として公開、という告知が出ました。ハリー・ポッターシリーズ - Wikipediaでは二部作目の公開が2011年の10月となっています。

それと、大したことではないんですが、エンドロールのところで、サウンドトラックの録音がアビーロードスタジオとなっていました。

ビートルズやピンクフロイドが使ったスタジオ。何だかちょっと懐かしくなりました。


映画の公式サイト、アクセスすると、adobe FlashPlayer10のインストールを求められます。
Adobe - Flash Player 10

ハリー・ポッターと謎のプリンス




見た感想
項目指数(星の数が10が最高)
ストーリー展開
面白かった
感動した
見て良かった










ページの先頭へ


posted by hyg-27 at 13:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。