2009年11月18日

植物が人間に語りかける! よしもとばなな みどりのゆび  

昨日までNHKラジオの高校講座で、よしもとばななの「みどりのゆび」をやっていました。

教材として使われる小説やエッセイが面白そうで、時々聴いています。

この物語で、主人公の女性は植物(アロエ)から話しかけられるという不思議な体験をします。

女性の家では、1年ほど前に、アロエブームにのって、家の玄関脇にアロエを植えました。
1年経って、アロエは成長し、人や車の通行に邪魔になるほどに大きくなります。
父親の、「庭の方に植え替えないなら切って捨てるよ」の言葉にも、捨ててもいいという気持ち。
そんな時、近くに一人で住む祖母が危篤になります。
3日に一度くらいしか意識が戻らないような状態の中、女性が一人、祖母の病室で祖母を見守っていると、突然祖母が喋りだすのです。

「どうか切らないでほしい。」
そう喋ると、祖母は再び昏睡状態に。

祖母にはアロエを切るという話はしていなかったので、女性は唖然とします。




よしもとばななという人は、そういえば前に、ホ・オポノポノというハワイの神秘哲学の本の宣伝広告に推薦文を書かれていましたね。
この分野に詳しいのかな。

「みどりのゆび」は、あくまで小説ですが、植物と人間が通じ合えるかどうか、実際にそういう研究はあります。

有名なところではバクスター効果。

植物にはテレパシー能力があり、それはウソ発見器で調べれば分かる、というものです。

昔読んだ本の中に、この事が書かれていてよく覚えているのですが、下のブログを読むと、バクスター効果、科学の世界では否定されているようですね。知らなかった。。。

PSJ渋谷研究所X: 【FAQ】ニセ科学はなくならない:バクスター効果を例に



植物自体に、感情があるのではないか、という研究はこちら。
これも一つの研究ですから、証明はされていないとは思います。

X51.ORG : 植物に感情は存在するか




「植物を、愛情をもって育てると、そうでないものより育ちが良くなる、」という話もよく聞きます。
これは本当なんだろうか。実験とか行われているんでしょうか。
本当だと思いたいです。

「植物に音楽を聞かせると育ちが良くなる」という話、こちらの研究はいろいろありますね。

ワインはビバルディがお好き? 音楽の植物への影響 | WIRED VISION

観葉植物と音楽:Kaasa Ukulele Studio

大紀元時報−日本



という事で、
よしもとばななの小説をラジオで聞き、昔読んだ植物の不思議を思い出し、調べたら実はその不思議は否定されていたんだけど、別の面で植物にはまだ分からないことがありそうだと、

思った次第です。
タグ:テレパシー
posted by hyg-27 at 16:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記帳  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/133256500
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。