2010年02月08日

カレン・カーペンターの歌声は、本当に美しいと思う

昨日のTBSラジオ「爆笑問題の日曜サンデー」の【27人の証言】は、カレン・カーペンターでした。
拒食症が引き起こしたとみられる心不全によって、彼女が亡くなったのは1983年の2月4日。
番組のホームページはこちら。

TBS RADIO|爆笑問題の日曜サンデー


一人目の証言
TBSアナウンサー・宮内鎮雄さんによると、カレンと会食した時の事はほとんど思い出せないとのこと。唯一印象に残っているのは、白いマニキュアをしていた事ぐらいだったそうです。

二人目の証言
カーペンターズのライナーノーツのほとんどを書いているという、カーペンターズ研究家、小倉悠加さんの話は、カーペンターズの人気に、日米で差があったというもの。
日本ではカーペンターズの人気はすごかったのですが、アメリカでは、良い評価ばかりではなくマイナスの評価もあったらしいです。
スーパースターの歌詞の、

Loneliness is a such a sad affair

And I can hardly wait to be with you again

wait to beという詩は、元々はsleepだったそうです。

「もう一度あなたと一緒に眠りたい」というのが、表現上まずい(?)という事で変えられたのが、
「お綺麗な歌詞だこと」と、当時のロック支持派から批判されたらしい。


三人目の証言
音楽評論家・湯川れい子さんによると、カレンはあれほど売れていたのにもかかわらず、スター気取りが全くなかったという事。
メディアからの取材でも話をするのは兄のリチャードばかりで、カレンはほとんど喋らなかったそうです。気取らない、飾らない性格で純粋だった分、他人のちょっとした一言で傷つきやすかったのではないか。
拒食症になったのも、兄の「ちょっと太っている」という言葉が引き金になったのではないか、という事でした。

四人目の証言
元キングレコードで、カーペンターズの楽曲の邦題のほとんどを考えたという寒梅賢さんの話です。
カーペンターズの日本初来日の公演は、第1回東京国際歌謡音楽祭。
その当時、カーペンターズは日本では全く無名でした。来日した時のメンバーは、カレンとリチャード、それにバンダメンバー4人と、マネージャーのたった7人。出迎えた日本側も、寒梅さんを含めてわずか3人。もちろんファンの出迎えもありませんでした。

1970年の11月20日、カーペンターズの日本初公演は、音楽祭が一通り終わった後でした。
音楽祭の進行の遅れのため、当初の予定よりも1時間半も遅れて始まったコンサート。
ところが深夜近くの時刻になっていたため、帰りの電車に間に合うよう、観客のほとんどが帰り始めたんだそうです。

日本武道館の1万2千人の観客のうち、7千〜8千人の客がステージに背を向けて出口に向かって歩いている。
そんな状況の中で、カレンは歌い始めたんだそうです。
想像してみてください。自分が一生懸命歌っているのに、お客さんがゾロゾロ背を向けて帰っていく光景を。
カーペンターズの日本で初めてのコンサートは、そんな悲惨なコンサートだったそうです。
ステージ脇で見ていた寒梅さんによると、リチャードは涙目になっていたらしい。

リチャードの涙の訳は、「日本なんか、もう二度と来るもんか!」という思いと、「ちくしょう、今に見ていろ、今度来る時はお客が帰らないくらい、ビッグになってやる」という思いがあったのでは、という事でした。


何気なくラジオを聞いていたのですが、だんだん聞き入ってしまいました。

カレンが亡くなって、27年。

太田さんが言っていた「カレンよりうまい歌手はいない。」
彼女の歌声を聞いていると、本当にそうだなと思います。
セリーヌ・ディオンとかホイットニー・ヒューストンなどなど、うまい歌手はたくさんいます。
でもカレン・カーペンターほど英語の歌詞が聞き取りやすく、心に染み入る歌手はいないんではないでしょうか。

Superstar 1971
posted by hyg-27 at 11:52 | Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記帳  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
通りすがりのカーペンターズファンです。

そんなエピソードがあったんですか!?

お二人には悪いことしましたね・・・。

自分が歌ってるのに帰られたら傷つきますね・・・。

なんかカレンが亡くなっているから余計にか、悲しくなってしまいます。
Posted by 通りすがりの人 at 2012年03月14日 19:33
通りすがりのカーペンターズファン様

コメントをありがとうございます。


そうですね。


最初のコンサートがそんなだったら、

本当につらすぎますが、

彼らはそれを乗り越えていったんだと思います。




この記事、相当古いのですが、^^;

また彼女の歌を聞きたくなりました。


彼女のことを思い出させてくれて、

ありがとうございます。





Posted by hgy-27 at 2012年03月16日 19:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/140562666
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。