2010年03月18日

歯周病で失った歯ぐきが再生する! 広島大で成功

歯周病、

本人が気づかないほどに少しずつに進行し、最後は歯が抜け落ちてしまう恐ろしい病気です。

広島大で、骨髄液から取り出した幹細胞を使って、歯周病で後退したり失ったりした歯ぐきを再生することに成功したそうです。
歯周病:幹細胞で歯ぐき再生、広島大がヒトで成功 患者3700万人に希望 - 毎日jp(毎日新聞)

30〜65歳の歯周病患者の男女11人から骨髄液を採取。この中に含まれる間葉系幹細胞を培養・増殖させ、医療用コラーゲンと混ぜて歯周病患部へ注入した。

11人のうち、転居などで経過を追跡できなかった3人を除く8人中6人で、歯ぐきの回復や、歯周病で生じた歯と歯ぐきの間のすき間(歯周ポケット)が小さくなった。

移植した幹細胞が歯周組織となったり、もともとあった細胞の増殖を促す物質を出して自力での組織再生を後押ししたとみられる。

毎日jpより
広島大では、3年以内の実用化を目指しているそうです。

早く実現してほしいですね。


今回の記事は「歯ぐきの再生」でした。

歯の再生はどうなんでしょうか。

これについては当ブログでも去年、取り上げたことがありました。


歯を再生させることが5〜10年後には可能かも!?
2009年1月14日書き込み

動物実験で歯の再生に成功! 東京理科大グループ
2009年8月5日書き込み




ググると他にも記事がありますね。

歯の再生治療:数年以内に象牙質の再生実現? | WIRED VISION
2008年4月9日の記事
記事には「2、3年以内に実用化か?」とあります。
今年、来年あたり、アメリカで再生治療が始まるんでしょうか。
始まってほしいですね。
それでその技術が日本にも早く伝わってほしい。

進行虫歯、電磁波で治療 鳴門の歯科医開発、骨再生し抜歯回避 - 徳島新聞社
2009年4月12日の記事
歯というより、歯槽骨が再生するという事です。


歯や歯ぐきの再生。

近くの歯医者さんで、普通に再生治療が受けられるようになる日が来るのも、そう遠くないのでしょうか。


でも一番良いのは、虫歯や歯周病にかからないこと!

また手前みそになりますが、

虫歯予防、歯周病予防には歯みがき!   ですね。



お母さんと一緒に歯みがきしましょ♪
お母さんと一緒に歯みがきしましょ


posted by hyg-27 at 11:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歯の情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。