2010年10月06日

十三人の刺客

これも先々週見ました。
こんなにブランク開くとよくないのですが、ご紹介。



十三人の刺客

ジャンル: アクション
製作年: 2010年
製作国: 日本
配給: 東宝
監督: 三池崇史
出演 : 役所広司、山田孝之、伊勢谷友介、沢村一樹、古田新太、高岡蒼甫、六角精児、波岡一喜、石垣佑磨、近藤公園、窪田正孝、伊原剛志、松方弘樹、吹石一恵、谷村美月、斎藤工、阿部進之介、内野聖陽、光石研、岸部一徳、平幹二朗、松本幸四郎、稲垣吾郎、市村正親ほか 

1963年に片岡知恵蔵主演で作られた作品のリメイク。

ウィキによると、この時の13人対53人の殺陣シーンが約30だそうで、時代劇映画史上最長とされているとの事。

今度のリメイク版は、約50分。

今作が史上最長の殺陣シーンがある映画、ということでしょうか。

それにしても稲垣吾郎の悪ぶりはすごい!


感情を表に出さないで極悪非道をしていくところは、ほんとにうまいなぁと思いました。

13人もいると、印象がうすくなりがちですが、松方弘樹、やっぱり格が違うというか、まぁ出番が多いせいもあるかもしれませんが印象に残る演技でした。

時代劇を数多くこなしている松方さんですから、うまいです。

見ていて遠山の金さんを思い出しました。


刺客ではないのですが、岸部一徳も怪演です。

オリジナルにもあったのかどうか分かりませんが、岸部がカマを掘られるシーンが出てきます。


長いこと役者をやってる岸部さんでも、あんなの初めてでは。

13人、自分が分かるのは山田孝之、古田新太、伊原剛志ぐらいでした。


50分の殺陣シーン。

いろんな見方があるかとは思います。


自分は「まぁ、こんなもののかなぁ」といった感想です。
面白いのかもしれないが、ちょっと単調な感じもしました。

まぁ、でも稲垣さんのワルぶりは一見の価値ありです。




見た感想(ちょい甘め)
項目指数(星の数が10が最高)
ストーリー展開
面白かった
感動した
見て良かった


Thirteen Assassins (2010) trailer



タグ:邦画
posted by hyg-27 at 11:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。