2011年01月12日

最近見た映画

久しぶりの更新。
本年もつらつらと書いていこうと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

さて、最近、何本か映画を見たのですが、
ブログをさぼっておりましたので、ここでまとめて感想を書きます。

君がくれた未来


仲のよい、歳が離れた兄弟。
交通事故で突然死んでしまった弟が、兄の許に現れるというストーリー。
やがて兄の前、にヨット競争で良きライバルであった女性が……。
兄、弟、女性の微妙な関係と、話の展開がなかなか面白かったです。
シックスセンスと、ゴースト/ニューヨークの幻のオマージュというか、
なっか、この場面、あれに似てる、っていうところがあります。
これはオススメです。が、もう終わってるかな。

相棒U

警察トップの面々を人質に立てこもった犯人との対決。
だがやがて、この事件の裏には警察上層部の深い陰謀があった……。

水谷豊の沈着冷静な態度、精密機械のような、それでいてどこか人間味のある雰囲気がいいですね。
それとこの映画で際立っているのは岸部一徳の演技ですね。
しゃべり方が本当にうまい。板についてる。水谷との丁々発止のやりとりは、見ていて「えらくなるとこんな感じの人、いるよな」って。
岸部さん、本当に味のある俳優さんだなと思います。
ポスターが水谷さんとのツーショットなのも、理由がよく分かりますね。
面白かったですよ。
「泣ける」というコピーですが、たしかにちょっとグっときたところがありました。

ノルウェイの森


1960年代、学生運動が盛んだった頃の男二人と女一人、3人の物語。
この小説は当時、ものすごく話題になりました。
買って読んだのですが性的描写も多く、すごい小説だなぁと思ったものです。
小説のとおりにそういう場面もかなりあります。
この映画は外国人監督が撮ってます。
ですので邦画なのですが、洋画っぽい。

音の使い方がとてもうまいと思います。
松山ケンイチ扮する主人公の、どっちつかずの態度、優柔不断な性格がよく出ていて、
こんな男なら、こんな展開になっちゃうんだろうなと。
ダメっぷりがよく画面に出ています。

ラストシーンで、二股かけていた女性から「今、どこにいるの?」と聞かれて、
「え、ここはどこだろう?」と答える場面、自分という存在が分からなくなってしまったことを端的に表しているようでした。

これはほんとに心に残る映画でした。


瞳の奥の秘密



これは去年話題になっていた映画で、見たいと思っていた映画でした。

25年前の殺人事件を巡って、退職した刑事裁判所の男と、今も現職の彼の女上司の物語。

25年前、お互いに惹かれあっていたが、上司と部下の関係で終わってしまった二人。

お蔵入りになっていた事件は、二人の再会を機に再び調べられ、25年前のお互いの気持ちと、当時の操作が再び確かめられていきます。

最後の大どんでん返し、すごいです。

事件で妻を失った夫の気持ちは、25年間、絶えることはなかったという驚愕。

オススメです。


小さな村の小さなダンサー




アメリカに渡った中国人バレエダンサー。
帰国するはずだった彼は、アメリカに残ることを決意。
中国政府との闘いが始まります。

1970年代から80年代にかけて、
中国は文化大革命を経験し、やがてその否定という全く正反対の出来事がありました。

主人公リーはその狭間で、国家に翻弄されながらもバレエを心の支えに懸命に生きます。

帰国するか、アメリカに残るのか、実話に基づいて話が進んでいきます。

総領事館での出来事も、彼が拉致・拘束されるという、今なら考えられないようなことがあったんですね。

アメリカでのバレエ公演に、彼の両親がはるばる中国からサプライズゲストととして、彼に会いに来るシーン。

出来すぎてるよ思いましたけど、やっぱりジーンときました。
これも実話なんでしょうね。

原題が「Mao's last dancer」
毛沢東の最後のダンサー。

中国でも公開されてるんでしょうか。
されてないのかな。
中国の人がこの映画を見たら、どんな感想を持つのでしょう。

アンストッパブル





これは実際に起きた事故にヒントを得て撮られた映画だそう。
内容はフィクションなんですね。

実際の鉄道事故は、こんな大規模なものではないと思いますがどうなんでしょうか。

面白かったですよ。

最初から最後で、緊張のしっぱなしと言いますか、間延びしたところがありませんでした。

1時間48分、時間の経つのも忘れて画面に見入ってしまいました。

人間のちょっとしたミスや、何でもないような機械の不具合が重なり合って、とんでもない事故を招いてしまうという例ですね。

オススメです。

タグ:邦画 洋画 中国
posted by hyg-27 at 10:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。