2011年06月14日

カロリー制限するだけで若返り、長生きできる! NHKスペシャルより

6月12日(日)のNHKスペシャル、テレビが無いので音声だけラジオで聞いてました。
ですので、画面を見ての理解よりは落ちるかもしれませんが、ためになる情報だと思いますので書いてみます。元気に踊るおじいさん、おばあさん


NHKスペシャル|あなたの寿命は延ばせる 〜発見!長寿遺伝子〜


番組によると、人間の老化は細胞内のミトコンドリアの減少と、免疫細胞の暴走なんだそう。

この二つの問題を解決してくれるのが、サーチュイン遺伝子


このサーチュイン遺伝子が働きはじめると、人間の肉体の全細胞に遺伝子が命令し始め、ミトコンドリアの増加、免疫細胞の暴走の抑制などなど、そのほか100近い老化の要因を抑えていくのだといいます。


ところが、通常、このサーチュイン遺伝子の活動はOFFになっているとのことです。


遺伝子の活動をONにするにはどうすればよいか?



番組ではアメリカの実験が紹介されていました。


サルを2つのグループに分けます。



Aグループは、普通に食事を与えます。


Bグループは、食事の量をAグループより30%減らして与えます。


違いはこれだけ!


この食事の与え方を、二つのグループに何十年も行なった結果、どうなったか?


人間でいうと、70歳ぐらいの猿たちです。

Aグループの猿は、毛が抜け、顔のつやも悪くなっている。

ところがBグループの猿、Aグループと同じ年齢のはずなのに、毛がしっかりと付いていて抜け毛はない。顔のつやもAの猿より明らかに良いのだそう。


長期間にわたって食事のカロリーを通常より30%制限していくと、老化のスピードを遅らせることが出来る。


カロリーを制限する生活を続けることによって、サーチュイン遺伝子の活動がONになり、老化が防止されたということらしいです。


これは動物実験です。


人間の場合はどうか?


アメリカには「カロリー制限学会」(ちょっと記憶がうろ覚えで、名前が違うかもしれません)という団体があります。
20年、30年とカロリー制限の生活を続けている高齢者の男性、とても元気です。


人間に対しても有効なんですね。


番組では、40〜50代の被験者4人に対して、カロリー制限して血液中の成分がどう変わるのかの実験を行ないました。

通常なら1日2600キロカロリー摂取していたところを、1日約1900キロカロリーに制限する。

但し、栄養のバランスはしっかりと取ります。

7週間後、血液の成分を調べたところ、7週間前よりミトコンドリアの数が増えていたのだそう。

カロリー制限を7週間続けると、サーチュイン遺伝子が働き始める、という事のようです。


いったん働き始めた遺伝子ですが、ちょっとでもカロリーを取ると、またOFFになってしまうのだとか。



本気で若返りたい!、年をとりたくない!と思っているなら、一生カロリー制限をしないとダメ! という事です。



このサーチュイン遺伝子、別名「飢餓遺伝子」とも呼ばれているそうですが、

何故カロリー制限すると働き始めるのか?

この辺も思い出しながら書いてますので、不正確なところがあるかもしれません。



20億年前の生命、食料を取れず、飢餓状態になった時、
体を守るために生まれてきた遺伝子だそう。

時を経て、

最初は飢餓対策のために活動していた遺伝子が、やがてミトコンドリアの増加や免疫細胞の暴走を抑えるなど、体の老化要因を抑えるような働きをもつようになったのだと。



サーチィン遺伝子についてはこちらのブログが参考になりそうです。

「細胞から元気になる食事」:長寿遺伝子サーチュインが目覚めるとき(ささやかな健康法) / ヒロさん日記


カロリーを制限するしかサーチュイン遺伝子はONにならないのか。

実はあるんです。


ぶどうの皮から抽出した成分、レスベラトロール、これが遺伝子をONにするのだそう。

アメリカでは薬として開発中ですが、まだ承認されていません。

この成分を含んだサプリメントが、アメリカでは人気になっているんだとか。


レスベラトロールについて書かれているブログはこちら。

日野原重明さんの食生活や著作。長寿、サーチュインなど - 小さな行動が人生を変える



レスベラトロール、検索すると日本でも結構売られていますね。

できればカロリー制限なんて苦行をしないでアンチエイジング、長生きしたい、そんな願いを叶えてくれるサプリ。

レスベラトロール、人気になるかもしれません。



前に戻って、
そういった薬、サプリを使わず、カロリー制限、小食を食習慣にするにはどうすればよいか? 考えてみました。


  1. 朝食を抜く


  2. 一口30回


  3. 先に野菜を食べる

1は、ちょっと極端な考え方。私自身は、朝、出勤の準備で忙しいのと、食べたら歯を磨く習慣のため、朝歯磨きする時間も無いので朝食を抜いています。朝食を抜いてみて昼飯と夜飯にドカ食いするようなら、やらない方がいいです。

2は、よく噛むことによって早く満腹感が得られ、その結果、食事の量が減ります。

3は、これも先月、ためしてガッテンで紹介されていた情報です。
アンチエイジングだ!肌ホネ血管一挙に若く保つ方法 : ためしてガッテン - NHK
この中で、食後の血糖値の急上昇を抑えるための方法として、野菜を先に食べる方法が紹介されています。野菜を先に食べることによって、ごはんの量が控えめになるとの事。結果、小食につながるのではと思います。



結局、食べることが、そして食べ方が、如何に大事か、という事なんですね。

夫婦円満
posted by hyg-27 at 12:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 美容・健康に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/209722055
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。