2011年07月14日

歯を再生させる! マウスで成功 東京理科大などの研究より

1日前のニュースです。

これは画期的な治療法ですね。歯を周辺組織ごと再生 東京理科大がマウスで成功、入れ歯代替の可能性も+(1/2ページ) - MSN産経ニュース

歯のイラスト
実験では、歯のないマウスに、培養で作った歯や歯槽骨の「再生歯ユニット」を移植すると、すぐに機能したとのこと。

40日後にはあご側と結合、噛む刺激がちゃんと脳に伝わることまで分かったそうです。


この東京理科大のチーム、4年前に再生歯胚をマウスの歯茎に直接移植する手法で歯の再生に成功したんだそう。

だけど、かみ合わせができるまで歯が成長するのに約50日かかっていて、これがネックにもなっていたんですね。

このニュース、当ブログでも取り上げたような…、後で調べてみます。


今回の研究は、再生歯胚をいったん培養させるところが肝でしょう。


マウスでは腎臓皮膜下に移植して培養しましたが、

人間で腎臓皮膜下に移植するというのは現実的ではないということ。


人間への応用には、人工多能性幹細胞(iPS細胞)で歯胚を作り、皮下や体外で成長させる技術などが必要だそうです。


将来は、インプラントや入れ歯は用無しになるかもしれません。


虫歯や歯周病で歯を失ったとしても、

自分の細胞から歯を培養し、失った場所に移植する!


ある程度培養された歯なので、【即戦力】としてごはんをおいしく食べられる!



何年か先、4、5年ぐらい先には、そんな時代がやってくるといいですねぇ。





歯
タグ:再生医療
posted by hyg-27 at 11:48 | Comment(2) | TrackBack(0) | 歯の情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして
結構前の記事なのにコメントすみません
素晴らしいニュースですね!
もしこれが人間で成功したならば、
きっと沢山の人が助かるでしょうね。
私は歯の事でトラブルをいろいろ抱えていますが
この記事を読んで凄くホッとしました。
ありがとうございます!!


Posted by とまも at 2011年11月04日 22:48
はじめまして。

コメントをありがとうございました。
また、アップが遅くなり大変失礼いたしました。

そうですよね。
一度失った歯が元通りになったら、
これは本当にすばらしいことです。


一日も早い実用化が待たれますねね。
Posted by hyg-27 at 2011年11月07日 14:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/214778879
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。