2008年05月18日

本を読んでます

こんにちは。

今日の練馬は、晴れてよい天気です。

今、「歯は命とつながる臓器」という本を読んでいます。

読んでいるっと言っても、時々時間の空いた時に、ですが。


これを読むと、歯列矯正の失敗によって

噛み合わせが悪くなることがあるんだそうです。


歯並びが悪い、といって、

こどもの頃に、ワイヤーを付けて、

矯正をするんですが、

治療が終わるまでには、2年、3年と時間がかかります。


途中で中途半端に止めてしまったりすると、

噛み合わせがずれたりして、物がうまく噛めなくなります。



この本の著者、村津和正氏は、このことを強く指摘しています。


これって、


私にピッタリ当てはまるんです。


私もこどもの頃、「受け口」、下の歯が
上の歯より前に出ている状態だったので、

中学生の頃、歯列矯正をしました。

ところが、どういう理由だったか、

今はもう思い出せないのですが、

途中で止めてしまったんですね。


止める時、


歯列矯正の先生に、

「大きくなったら、歯がボロボロになるよ」と言われたのだけは、


今でも覚えています。


噛み合わせ治療をしている今、

この村津先生の書かれていることは、本当だと実感しています。


歯列矯正、もし今考えている方がいらっしゃれば、

やるんだったら、歯医者さんの話をよく聞いて、
よく話し合ってみてください。


最後で、時間がかかっても途中で止めたりしない事が大切です。





タグ:
posted by hyg-27 at 15:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記帳  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。